鬱病で病院に通院していますが医療費を免除してもらってます

公開日: : 最終更新日:2015/11/30 医療事務 資格

私は今から9年ほど前に、勤務中にパソコンの前で突然に耳鳴りとめまいに襲われてしまったのでした。

そのときはめまいは様子を見ていましたら、おさまったのですが耳鳴りは止まることがありませんでした。

1週間ほど様子を見ながら仕事をしていましたが、耳鳴りによる睡眠障害がでてきてしまったのでした。
そのときはすぐに病院にいきませんでした。

結局大学病院で検査しましたが、耳には何の異常もありませんでしたが、眠れないことが凄くつらかったです。

その大学病院では、耳の血液の循環がよくなる薬と、睡眠薬や精神安定剤などを山のように処方されましたのでかなりの医療費がかかってしまったのでした。

私は睡眠薬しか飲んでいなかったような記憶があります。

それまで薬を飲むことが好きではなかったので、寝るだけのために睡眠薬と安定剤だけ飲んで寝ていました。
なので、医療費を無駄に払ったような気がしてなりませんでした。

私は結局耳鳴りによる鬱病になってしまったので、他のメンタルクリニックに通っています。

それまで病院で沢山の医療費を払ってきましたが、自立支援医療費免除制度というのを知って医療費を免除してもらっています。

毎月の医療費の負担がなくなって、凄く助かっています。

 

関連記事

医療事務の仕事は経験と処理能力が必要

資格取得を目指す人は年々増加しています。 中でも必ず人気上位を占めるのが医療事務で、女性には特に人

記事を読む

父が病院に入院した時医療のスタッフに助けられた

私の父は今から10年ほど前に他界してしまったのでした。それまで3年間は入退院を繰り返していました。

記事を読む

男性でも医療事務の仕事は出来ますか?

医療事務の仕事は男性であってももちろん出来ますが、一般の医療機関では収入的に厳しいため男性の医療事務

記事を読む

近所にとても優秀な個人病院があるから…

近所にとても優秀な個人病院があるから、みんなそこに行きます。 内科なんですけど、そこの先生がとても

記事を読む

精神心療内科の病院について思う事

私は2人目を産んだ後に産後の日だちが割るくて鬱状態になりました。 毎日娘と死にたいと思う日々が続き

記事を読む

PAGE TOP ↑