病院が患者をお客として扱う時代になったのか?

公開日: : 病院

以前は病院と言えば、患者の方からお願いして診察をしてもらう一段高いところに位置するものという認識があったように思います。

医者に対して患者が横柄な立場で振舞う事など許されなかったと思います。

一般的なお店ではお金を支払う客の方が優位な立場におかれることが多いのですが、病院に限ってはそんなことはありませんでした。

ですが、最近の風潮として、病院側の立場もスタイルも時代と共に変化してきたように思います。

病院の建物もモダンにショップ的外観に変化しつつありますが、何よりも医者を始めとする病院スタッフの患者に対する態度が変わってきているのです。

一昔前までは、患者のことを「○○さん」というような呼び方をしていましたが、最近では、「○○様」ととても丁寧な呼び方をするところが増えています。

そういった呼び方をする個人の医院では、医者の態度も柔軟です。

かつての古いタイプの医院の医者のような上から目線の、口答えは許しません的な物言いはしません。

一般のショップでの店員と客のやり取りのような、医者の方が一段腰を低くした物言いをするようになっています。

医者も今や客商売となったように感じます。
これも時代の流れなのでそしょうか・・・。

関連記事

私の近くの個人病院は診察がとても上手です。

私の家の近くの個人病院は、診察がとても上手です。 その前は二件とも無かったんですけど、地域医療

記事を読む

私の通っているかかりつけ病院について

私は6年ほど前からうつ病を発病し、それ以来、ずっと月に1回ほど病院に通っています。 最初は症状

記事を読む

子どもを第一に思い、親の気持ちも理解できる病院

子どものかかりつけの病院の先生は時間をかけて診療してくれます。 年齢も70歳を超えていて、夫が小さ

記事を読む

医療従事者としてるあるべき心構え

私は、病院で働く看護師をしています。 看護学生時代は勉学に夢中で、病院実習が始まると、患者さん

記事を読む

8月ころから変わる小中学生の医療費

息子が小学校に入学する直前、熱を出したので病院を受診しました。 風邪をひいたらしく大したことは

記事を読む

PAGE TOP ↑