一つの病気で、二箇所の病院に入院しました

公開日: : 最終更新日:2015/11/30 医療事務 資格

心臓の不整脈の病気で、入院する事になりました。

最初は、近くにある総合病院に行きました。そこで入院しての検査になりました。

病気の原因を調べる検査だったのですが、ここでははっきりわからず、大学病院を紹介してもらい、そこに行く事になりました。

その大学病院は最初に行った病院の医師の出身大学で、その医師は今でも大学によく行っているそうです。

そのような理由で私が大学病院に行った時には、担当の医師同士である程度話ができていたので、検査をするところまでスムーズに進みました。

しかし、やはり詳しい検査となると、また、入院して同じ検査と別な検査をしなければなりません。

そうなると、体にも気持ちにも負担になります。同じ検査はしなくていいのでは?と思いましたが、大学病院の医師も自分で再度調べたいとの事で入院しました。

今の医療では、どれくらい患者の情報が病院や医師の間で共有されているのか私にはわかりませんが、パソコンのおかげで大量のデータのやり取りが出来るようです。

それでも、より詳しく調べる時や、難しい判断をする時などは医師自身で直接、患者を診てから判断する様です。

結局、私の場合は原因が分からなかったのですが、今でも二箇所の病院に通っています。
そして何か変化があれば、また、大学病院で検査が出来るようになっているそうです。

 

関連記事

近所にとても優秀な個人病院があるから…

近所にとても優秀な個人病院があるから、みんなそこに行きます。 内科なんですけど、そこの先生がとても

記事を読む

老人ホームも担当してくれる病院の医師

老人福祉施設の方から頼むからだと思うんですけど、病院の先生が老人ホームに来てくれますよね。 看

記事を読む

医療事務の資格を取得しようとした理由

医療事務を選んだ理由は、ブライダル関係の仕事をしていた私が結婚する事も踏まえ、相手の仕事の土日休み(

記事を読む

父が病院に入院した時医療のスタッフに助けられた

私の父は今から10年ほど前に他界してしまったのでした。それまで3年間は入退院を繰り返していました。

記事を読む

医療事務の仕事は経験と処理能力が必要

資格取得を目指す人は年々増加しています。 中でも必ず人気上位を占めるのが医療事務で、女性には特に人

記事を読む

PAGE TOP ↑