父が病院に入院した時医療のスタッフに助けられた

公開日: : 最終更新日:2015/11/30 医療事務 資格

私の父は今から10年ほど前に他界してしまったのでした。それまで3年間は入退院を繰り返していました。

大きな病院でしたが、うちから近かったので私も週に3回ほど病院のほうに行っていました。

父は食道がんを患ってしまっていましたが、大きな手術をするか悩んだ挙句の果てに、その手術はしないことにしたのでした。

毎回その病院に行くと医療に関わるスタッフの方にお世話になっているなと痛感していました。
特に看護師さんには凄くフレンドリーに対応してもらって、温かな医療現場で勤務する看護師さんも多いのだなと痛感しました。

父親は、最後のほうはもう食事もまともに食べることができない状態になっていました。

病院のほうでは胃に穴をあけてそこから栄養をとるような手術をすすめられて、その手術をすることになったのでした。
でもそんな医療の技術もあるのかと少し不思議に思っていましたが、不安もありました。

父親はその手術を受けてしまったから、すっかり痩せてしまって40キロほどの体重になってしまったのでした。

家に帰って静養しましょうということになって、その病院を退院してから兄が父をおんぶしてタクシーで帰宅したのでした。

それから2週間ほどで帰らぬ人になってしまったんです。

入院した時に温かな医療のスタッフに助けられたことが救いでした。

 

関連記事

近所にとても優秀な個人病院があるから…

近所にとても優秀な個人病院があるから、みんなそこに行きます。 内科なんですけど、そこの先生がとても

記事を読む

病院のシステムは日々進化しているんです

私は、会社員の三十代なのですが、今は会社を休んでいます。 理由はうつ病になってしまい総合病院の

記事を読む

医療事務の仕事は経験と処理能力が必要

資格取得を目指す人は年々増加しています。 中でも必ず人気上位を占めるのが医療事務で、女性には特に人

記事を読む

鬱病で病院に通院していますが医療費を免除してもらってます

私は今から9年ほど前に、勤務中にパソコンの前で突然に耳鳴りとめまいに襲われてしまったのでした。

記事を読む

精神心療内科の病院について思う事

私は2人目を産んだ後に産後の日だちが割るくて鬱状態になりました。 毎日娘と死にたいと思う日々が続き

記事を読む

PAGE TOP ↑